el blog de Xbox360

Oribe blog de PS4 ||| 動画、感想、サッカー、雑記

GL2nd Div3 第9節~第12節

CLUB ] 2011/05/23(月)

第九節 vsキングスクラブ

5分 失点 (クロス→ヘッド)
11分 el → kp (パス→ミドルシュート)

1-1 ドロー

第十節 vsモスライレブン

11分 失点 (パス→シュート)

0-1 敗北

第十一節 vsヴィンダルー

78分 失点 (シュート→リフレクション→シュート)

0-1 敗北

第十二節 vsACミカン

27分 失点 (CK→ヘッド)
33分 失点 (CK→ヘッド)
41分 bani → GranTorino (横パス→シュート)
55分 失点 (クロス→ヘッド)

1-3 敗北

ドロー沼脱出できないどころか、連敗に突入
ミカンとの直接対決に敗れてしまったため昇格は絶望的となった

この停滞の原因は明らかで、
メンバーの集まりが日によって不確定で、システムが毎回違う。
試合後に反省会をして修正点が上がっても
次は違うメンツ、違う配置になったりしてほとんど活かせない。
固定キーパーのいない日が多く、ワンチャンスの弾丸シュートなどでやられてしまう。

この辺。
スポンサーサイト
00:02 | トラックバック:0 | Comments(0) | 先頭 | TOP


マツキSS前半戦まとめ

CLUB ] 2011/05/18(水)

MatsukiSuperStars

第8節終了時点 4位 12pt 3勝3分2敗 7得点4失点 +3
(1位との差12pt、昇格圏との差2pt、降格圏との差3pt)

出場データ

名前出場ポジション出場数結果
casubalGK2
GranTorinoANY64CS
MkRB/RCM41CS/1MoM
LalaRCB/LCM/RCM62CS
kibaCDM/RDM/LDM84CS/1MoM
chefLDM/RDM42CS
kadomanCAM/ST/LCM/RCM/ANY61G
kpRAM/RB/ST82CS
elLAM/LF/CAM82G/3A/1MoM/1Y
tikuwaST42G/2A/1MoM
baniST/RF/CAM/RAM/LAM82G
kenia0

G=ゴール、A=アシスト、CS=クリーンシート※、MoM=マンオブザマッチ、Y=イエローカード
(※無失点に抑えた際のDM、DF、GK、左記ポジションを操作したANY)
16:39 | トラックバック:0 | Comments(0) | 先頭 | TOP


熱いクラシコ

FIFAシリーズ ] 2011/05/18(水)

ランクマッチにて外人さんと物凄い熱いクラシコが出来た。
当方バルサ、相手レアル

FIFA11
バルセロナ43-33レアル・マドリー
1-0
メッシ


メッシ
ビジャ

メッシ
16'
20'
22'
27'
29'
38'
65'

ロナウド
ロナウド


ロナウド

barcareal

メッシ3ゴール1アシスト vs ロナウド3ゴール

メッシで決めてロナウドに決められ・・・
リアルでも他に大差をつけて得点王争いを演じている2人の活躍がたまらん。

メキシコ人は攻撃的かつパスサッカーのスタイルの人が多くてやってて楽しいわ

その中からメッシのゴール(何点目かは忘れた)を。

スルー反転からのシュート。
多分トラップしてたら前向けなかったんじゃないかな。
我ながら上手くいった。

おそらく相手はカーソルチェンジでペペに代わらなかったんだろうね。そういう運も少しはある。
13:54 | トラックバック:0 | Comments(0) | 先頭 | TOP


GL2nd Div3 第7節・第8節

CLUB ] 2011/05/13(金)

いよいよリーグ戦も折り返し

第七節 vsオパンティ

0-0 ドロー

第八節 vsガチガチ

0-0 ドロー

ドロー沼突入・・・
2試合とも、点を入れられる気はしなかったが入る気もしなかった。そんな感じ。
決定機自体はどっちの試合でもあったんだが、数は少なく、そして決められなかった。

守備は見事に安定しているが、攻撃がちょっと一時期に比べ歯車がずれちゃってるね。
ホントわずかなズレなので普通のクラブマッチなら強引に取っちゃったりもするんだが、
リーグ戦となるとそうはいかない。
中断期間を利用してなんとか試行錯誤していきたい


というわけで、マツキSSもこの移籍期間に数名補強したいなって話が
ちょろちょろ出てきてます。
興味ある方は是非、体験参加からでも^^
21:37 | トラックバック:0 | Comments(0) | 先頭 | TOP


GL2nd Div3 第5節・第6節

CLUB ] 2011/05/09(月)

本日はディフェンダー2人と攻撃の要トップ下を欠く布陣

人数豊富でフルメンバー揃えてきそうなミカン、
Div3優勝候補であり予想通りの独走を見せている放課後電磁波、
この2チームを相手に主軸を欠くというのは少々つらいがやるしかない。

第五節 vsACミカン

37分 kadoman (PK:獲得chef)
67分 失点 (ボール奪取→シュート)

1-1 ドロー

追加点を取れる時間帯にちゃんと取っとかなきゃなぁという試合。
先制点の獲得、そしてそこからの
相手が攻めなきゃならなくなった事で主導権を握りやすい展開。
そこまでは理想的だった。だが押し込みきれなかった。

第六節 vs放課後電磁波

84分 失点 (横パス→シュート)

0-1 敗北

終盤までスコアレス。内容的にはぶっちゃけ下馬評より全然やれた。
しかしこちらがこの試合最大の決定機を逃したところからのカウンターで撃沈。
相手もそれが90分で最大のチャンスだった。う~ん、勝者のメンタリティ的なとこの差かな


今回の感想は一言。あと一人いれば! これに尽きる。
この日は人数的に攻撃陣にANY操作を入れざるを得なかったが、
これが固定で埋まっていれば2試合とも押し切れる攻撃力になっていたはず・・・!

1分1敗と勝ち点が伸び悩んだ結果、
一気に昇格圏外まで順位を落としてしまった。
しかし依然混戦なので、ここからの数戦が踏ん張りどころだ。
01:38 | トラックバック:0 | Comments(0) | 先頭 | TOP


GL2nd Div3 第3節・第4節

CLUB ] 2011/05/06(金)

連日での試合となった2日目
今回は遂にキャプテンが初出場

第三節 vsモスライレブン

33分 イエローカード el
62分 失点 (フライスルー→シュート)

0-1 敗北

試合の入りがとてもかたく、中々自分たちのリズムを作れないまま前半を終えてしまう。
そして後半17分、縦パス2本の素早いカウンターについて行けず失点。
バープロの強フィジカルによる胸トラップに架空DFがあっさり引き剥がされるという
固定FW対架空DFではよく起こる形の突破だった。
この後はひたすら攻勢に出るもののゴールには至らず、敗戦

後半はボランチが起点となるショートカウンターやパス回しも見られたので、
引き気味になってしまって
そういった後方からの厚みのある攻撃が出来なかった前半がとても悔やまれる


第四節 vsヴィンダルー

29分 tikuwa → el (クロス→ヘッド)

1-0 勝利!

前節の反省から、この試合では前へ向かうアグレッシブな動きを増やす意識付けを行った。
それが奏功し、中盤のフィルター力と攻守切り替えの素早さがアップ。
らしさを取り戻すことに成功した。
修正の素早さ、的確さはマツキの長所であり、リーグ戦向きの特徴だと思う


ちょうどこの記事を書く直前にも、この4節までの反省会、とまではいかないが
録画を鑑賞しながら場面場面でのそれぞれの狙いや要望などをあーだこーだ話し合った。
人数的にも適正ポジションのバラつき的にも結構カツカツなので
やりくりは難しいがそれ故に色んな案が出てきて面白い
02:46 | トラックバック:0 | Comments(0) | 先頭 | TOP


GL2nd Div3 第1節・第2節

CLUB ] 2011/05/04(水)

ジャイアンリーグ2ndシーズン開幕

今シーズンはマツキSS参戦につき、エキステよりレンタルバック。
新参戦チームオンリーで未知数なDiv3が戦場に。

開幕直前にキャプテンの急遽欠場という報せを受け
一抹の不安を抱えながらのキックオフ

第一節 vsガチガチ

9分 el → bani (クロス→ヘッド)
28分 el → bani (クロス→ヘッド)
60分 tikuwa (ボール奪取→シュート)

3-0 勝利!

早い時間帯に先制点をとれ、その後もゲームを支配することができた。
攻撃陣は追加点をしっかり取り、守備は架空GKに仕事もさせない完璧な守り。
攻守共に最高のスタートダッシュを切った。

第二節 vsキングスクラブ

40分 el → tikuwa (クロス→ヘッド落とし→シュート)
45分 tikuwa → el (クロス→ヘッド)
53分 失点 (ミドルシュート)

2-1 勝利!

開幕2連勝!
前半は安定した試合運びでリードするが、後半の早い時間のワンチャンをモノにされ
直後守備の要の副キャプテンが同期ずれ落ちするという不運も重なり
嫌な予感が見え隠れ。

しかしそのまま逃げ切り勝利


前線3人が2G、2G1A、1G3Aとバランスよく活躍できたのはすごく良い感じ

この結果に、マツキいけるんじゃね?と浮かれてたら
裏で優勝最有力候補が7-0とかいう爆勝ちをしていると耳にし
現実に引き戻されるのであった。
23:32 | トラックバック:0 | Comments(0) | 先頭 | TOP




| このページの先頭へ |

プロフィール

Oribe

Author:Oribe


MyPages:
TwitterFIFASNSUstreamTwitch

Twitter

タグ

 

アーカイブ

2017年 09月 (2)
2016年 09月 (1)
2015年 10月 (1)
2014年 09月 (2)
2014年 08月 (1)
2014年 06月 (1)
2014年 04月 (2)
2013年 08月 (2)
2013年 07月 (3)
2013年 05月 (1)
2013年 01月 (2)
2012年 12月 (2)
2012年 11月 (7)
2012年 10月 (6)
2012年 03月 (1)
2011年 12月 (5)
2011年 10月 (1)
2011年 09月 (2)
2011年 08月 (2)
2011年 06月 (2)
2011年 05月 (7)
2011年 04月 (9)
2011年 03月 (2)
2011年 02月 (1)
2011年 01月 (4)
2010年 12月 (3)
2010年 11月 (6)
2010年 10月 (6)
2010年 09月 (6)
2010年 08月 (1)
2010年 07月 (9)
2010年 06月 (20)
2010年 05月 (4)
2010年 04月 (3)
2010年 03月 (27)
2010年 02月 (20)
2010年 01月 (8)
2009年 12月 (19)
2009年 11月 (11)
2009年 10月 (25)
2009年 09月 (21)
2009年 08月 (23)
2009年 07月 (11)
2009年 06月 (16)
2009年 05月 (25)

ブログ内検索

QR・RSS・ブロとも