el blog de Xbox360

Oribe blog de PS4 ||| 動画、感想、サッカー、雑記

ドイツ vs イングランド

2010 FIFA ワールドカップ ] 2010/06/28(月)

強豪としてのブランドは同等だけど、
そのサッカーの内容には大差があったな

10onで言えばクラブvs野良10人でやってるようなもん
フォーメーションの完成度、選手の連動が全く違う

ドイツはFWがサイドやってたり、シュバインシュタイガーが3列目から絡んできたり
形は普通の4-5-1なのに
配置してる選手の特徴が型にはまってないっていうのが見ててホント面白い

イングランドはカウンターに弱過ぎやね
CBにも守備的MFにもスピードのある選手がいなくて
サイドバックは足速いけど戻る判断が遅い。

ありゃ若さ溢れるドイツ攻撃陣に付いていくのはとても無理だ
ドイツのパス回しがもう強豪が対中堅以下に見せるような奴だったもんな
プレス完全に読んでひょいひょいひょいって感じで。

あと、ミルナ―が何の役にも立ってなかった気がする
こういう個人打開はそうそう通用しない相手との戦いになると
ベッカム様が見たくなるよなぁ

そんで、試合後イングランドの選手は悔し涙流しそうな顔じゃなく、
なにやってんだろう俺達・・・みたいな顔してたのがとても印象的

●スタメンFIFAで再現
イングランド
eng2
両サイドの役割は全く違う
ジェラードはバリーの前に出てくるようなポジションニングもするが
ミルナ―はサイドに張りっぱなし。
センターハーフ、フォワードも下がり目上がり目がはっきりしてる

ドイツは、セルビア戦と基本同じなので割愛。
ただセルビア戦はクローゼ退場も考慮してポドルスキをLFにしてるが、
この試合では普通にLMでいいと思う。
あとはバトシュトゥバー→ボアテンクね


おまけ:幻のゴール 【Read More】
スポンサーサイト
21:04 | トラックバック:0 | Comments(0) | 先頭 | TOP


ウルグアイ vs 韓国

2010 FIFA ワールドカップ ] 2010/06/27(日)

ウルグアイは初戦で指摘した司令塔の問題を、
司令塔自体無くしちゃってフォルランに直接繋いじゃうことで解決するとはねw

初戦ロデイロが退場してなければ、南アフリカ戦ではロデイロがトップ下をしてて
この形は生まれなかった気もするから面白いなぁ

韓国は、なんか妥当な結果に終わったなって感じ。
そんなあげつらう様な敗因は無かったが、負けてしまった。

如いて言えば、イ・チョンヨンとチャ・ドゥリは別サイドにいた方が
左右のバランスはよかったと思う。
あと、日本と同じくガタイの良いストライカーがいたらなぁっと。

●スタメンFIFAで再現
ウルグアイ
urg2
カバーニの位置がFIFAで表すには難しすぎる。
基本右サイド中心ではあったが、サイドハーフって感じではなく
フォルランが持てばFWとして動く。しかも左サイドにもよく顔を出す。

韓国
kor2
2列目は中央志向かつ流動的
【Read More】
02:58 | トラックバック:0 | Comments(0) | 先頭 | TOP


祝GL突破!!! デンマーク vs 日本

日本代表 ] 2010/06/25(金)

本田ぁぁぁぁ
遠藤ぉぉぉぉ
川島止めたぁぁぁぁ
けどぉぉぉぉ
本田何その素敵フェイントwって冷静すぎるぅぅぅぅ
岡崎ぃぃぃぃ

と、試合直後は絶叫だけ書き残して寝ましたが
ひと眠りしてちゃんと記事にします^^;

日本は兎に角、急造なのにほんと新フォメが上手くいってる
カメルーン戦の記事でも書いた3つのポイント
本田1トップによる前線の起点形成、4バック2ボランチに阿部を足した守備の厚み、
松井のアクセントがさらによく出てた。

この試合でも本田、松井、大久保の守備運動量は素晴らしかったね
しかもあんだけ動いた上で、
オランダ戦はほとんど何もさせてもらえなかった本田は
しっかりボールをキープして起点になり、
松井もテクかますし、大久保も勝負仕掛けてシュートまで行く。
しっかり攻撃の本領も発揮してるんだよなぁ
(大久保はもうちょっと怖いシュート打って欲しいけど)

この前線3枚と任す役割に辿り着いた岡ちゃんはほんと凄い
もう一度言う。「岡ちゃん最後の最後で良いの見つけたなぁw」

そしてここ一番でFK2発。
勿論キッカーの実力なんだが、この試合でこうなるのは強運としかいいようがない。。

その後のパワープレーを防ぎきった守備陣もよくやった・・・!

逆にデンマークは、多少運もなかったな
カメルーンもそうだが終盤でミドルシュートがポスト直撃ってのは
もう完全にこの試合は日本に流れたなと思った

そしてカメルーン戦同様、動き出し抜群なのに決め切れないトマソンには助けられた

元々強豪相手にカウンターで返り討ちにするのが持ち味のチームなので
突破条件的にも日本のスタイル的にも、さぞやりにくかっただろうな
【Read More】
05:48 | トラックバック:0 | Comments(0) | 先頭 | TOP


スロバキア vs イタリア

2010 FIFA ワールドカップ ] 2010/06/25(金)

完全にスロバキア目線で見てたので気持ち良い試合だったw

得点はどれも隙突いた感じのものだったが、
2戦目と違い惜しいカウンターもあったので
メンバー弄りは成功したんじゃないだろうか

それにしてもヴィッテクしっかり決めよるな
後出しでアレだが、ヴィッテクは
ニュルンべルクが1部にいた頃に気に入ってた選手なんだよなぁ
降格してリールに行ってからは全く知らんので、今大会で久々に見たんだがw

好きな選手と言えば、イタリアもピルロが見れたのは良かった。
相変わらずの落ち着きとパスは見事だったが、
もっと早く出すのはやっぱ怪我明けだと無理だったのかね。残念。

チーム自体は・・・タレント不足としか。2006年は遠い昔だなぁ

●スタメンFIFAで再現
スロバキア
svk2
両サイドはじめ色々と弄ってきたね

イタリア
ita
前半途中でMFは左右反転してた
このフォメは図で作ってみてもMFとFWの繋がりが薄過ぎるのがわかるな
モントリーボをもっと前で残らしてても良かったんじゃないだろうか
【Read More】
02:13 | トラックバック:0 | Comments(0) | 先頭 | TOP


スロバキア vs パラグアイ

2010 FIFA ワールドカップ ] 2010/06/22(火)

日本vsオランダ以降、リアルタイムで全然見れず録画ばっかりなので
なんとかグループリーグ全部終わるまでに消化したい;;
(と言ってもGL3戦目も半分以上録画になりそうなんだが。。)

んで今日見た2試合目がこの試合。

ふつーにパラグアイが攻守全て一枚上手だった
南米は5ヶ国とも良い調子だな

スロバキアは良いカウンター結構するんだが
クロスの精度が終わっとるw

●スタメンFIFAで再現
スロバキア
svk
前線ハゲばっかりで把握しづらいわw
バイスは後半右サイドになってたね

パラグアイ
par
4-3-3と4-2-2-2の中間
ややこしいのはバルデス。
日本でいう大久保みたいなポジションだが
チーム自体が攻守どっちに重点を置いてるかという違いによって
攻守のスタミナ配分、深追いの度合い、FW化する境界みたいな所が変わってきてる。
22:49 | トラックバック:0 | Comments(0) | 先頭 | TOP


カメルーン vs デンマーク

2010 FIFA ワールドカップ ] 2010/06/22(火)

やっとデンマークを見れた^^

ベテラン勢は瞬間的なキレがやっぱり落ちてきてる気はするが、
スピード、テクニック、連動は健在で
相手に流れを渡さないパスワークから、隙を突くスルーパス
そしてお得意のカウンターと、好きなデンマークの要素は存分に楽しめた
トマソンには決定機どれか1本は決めて欲しかったけどなw

一方カメルーンは、後が無いからかハイリスクハイリターンな布陣で来たね
まぁエマナ、A・ソングは使うなら最初から使えば良いのにとは思った。
(日本目線で言えば使ってくれなくてありがとう)
ちなみにエトーは日本戦の反省からかサイドには流れなくなってたね

●スタメンFIFAで再現
カメルーン
cmr2
最初ジェレミは前線に張らしとくのかなと思ったが
ちゃんと守備戻りまくってたのでMFで。

形だけ見れば初戦の反転でチュポ・モティング→ジェレミだが
アス・エコトの攻撃力、エマナ、A・ソングの起用、ジェレミの運動量を考えると
攻撃面ではこっちの方が断然良いな
守備面ではアス・エコトの裏という弱点がデカ過ぎたがw

デンマーク
den
中盤は、ヨルゲンセンは左右どっちも行く
ポウルセンは真ん中でどっしり
なので、LRは付けてません
21:40 | トラックバック:0 | Comments(0) | 先頭 | TOP


ガーナ vs オーストラリア

2010 FIFA ワールドカップ ] 2010/06/20(日)

また退場か!

後半30分以降なら、波乱あるか?!とまだ楽しめるんだが
前半30分以内とかはもうゲームバランスがぶっ壊れる

・両チームの相性
・お互いこの相手にどんな持ち味を発揮できるのか
・監督の采配

そういった楽しみが11対10になると、一気に無くなる。
アドバンテージを活かせるかvs必死の守備からカウンター出来るか。
もうそれだけ。

危険過ぎるタックルとかなら前半だろうと退場でしょうがないが、
そこまで悪質でもなくPKがつくファールはイエローでええやん。
そりゃー審判は厳格でしかるべきだが、もうちょっと考えてくれ。

●スタメンFIFAで再現
ガーナ
gha
表示されたフォーメーション図と全然違った気が・・・
まぁ日本も松井と長谷部が逆だったりしたから強豪以外はそんなもんか。

しかしそれを差し引いてもガーナのフォメはややこしかったw
特にボアテンクとアサモア、タゴエとアイェウは関係がフリーダムで。
(前者は基本一方が上がれば一方が下がってたが、後者は2人ともよく上がってたな)

オーストラリア
aus
FWはケネディ頼みで行く!って感じの選考だと思ってたんだが
スタメンじゃないんだね(ドイツ戦も)
01:27 | トラックバック:0 | Comments(0) | 先頭 | TOP


オランダ vs 日本

日本代表 ] 2010/06/19(土)

よく頑張ったと思うよ

スナイデルのシュートを弾き返せなかったのも、
岡崎のシュートが枠に行かなかったのも、最後PKの笛が鳴らなかったのも紙一重

「まぁこうなるわな」っていう諦観ではなく、
悔しさが今残ってるというのは、つまり良い試合だったって事だ。
同じ強豪相手の0-1でも98年のアルゼンチン戦とは全く後味が違う。

単純に数字で見てもデンマークより少ない失点で終われたのは大きい

松井・大久保の両サイドは十分通用していたので、
これでちゃんとしたセンターフォワードがいて本田をその下で使えていたなら
さらに一段階強いんじゃ・・・とは思ってしまうけどな。。
(まぁそれが出来ないから今のフォメに落ち着いてるんだけど)

あと、俊輔は相変わらず攻撃時の動きが少ねーな
松木はボール集めて欲しいと言ってたが、
俊輔自身が動いてボール引き出さないことには無理だ

●スタメンFIFAで再現
オランダ
ned

日本は初戦と同じなので割愛
23:00 | トラックバック:0 | Comments(0) | 先頭 | TOP


スロベニア vs アメリカ

2010 FIFA ワールドカップ ] 2010/06/19(土)

今んとこベストゲームじゃね?
試合内容は勿論、ゴールの爽快感も抜群

初戦はオシム絶賛の意味がわからないほどパスの回らない糞試合だったけど、
今日のスロベニアは全然違ったなぁ
(アルジェリアvsスロベニアとか記事にする気にすらならんかった)

特に両サイドの仕掛け意識と、ど真ん中に構えるコレンが素晴らしかった。

アメリカはトーレスの使い方がちょっとなぁ
トーレスはCWCのパチューカで見て好きになった選手だったので
スタメンで出てきて楽しみだったんだが、あの位置じゃぁ活きるはずもない。

ブラッドリーの後ろで守備させられてたけど、
トーレスの持ち味は中盤動き回ってボールを引きだし、
そこからスルーパスやパスワークしつつの上がりでチャンスメイクするところ。
即ちブラッドリーの所で使って活きる選手(どっちが上手いかは別として)

これでトーレスの評価下がっちゃったら残念だな

●スタメンFIFAで再現
スロベニア
svn

アメリカは初戦とシステム一緒で、
クラーク→トーレス、中盤反転なだけなので割愛
03:25 | トラックバック:0 | Comments(0) | 先頭 | TOP


ドイツ vs セルビア

2010 FIFA ワールドカップ ] 2010/06/19(土)

一言、11対11で見たかった!

まぁでもセルビアのゴールは
スルーパスから全ての選手が自らの持ち味を順番に出した感じで
見事だったなぁ

ドイツはポドルスキさんドンマイ・・・そんな日もあるさ・・・

●スタメンFIFAで再現
ドイツ
ger

セルビア
srb
ヨバノビッチは中へ、クラシッチは外へ
02:58 | トラックバック:0 | Comments(0) | 先頭 | TOP




| このページの先頭へ | 次のページ > >

プロフィール

Oribe

Author:Oribe


MyPages:
TwitterFIFASNSUstreamTwitch

Twitter

タグ

 

アーカイブ

2017年 09月 (2)
2016年 09月 (1)
2015年 10月 (1)
2014年 09月 (2)
2014年 08月 (1)
2014年 06月 (1)
2014年 04月 (2)
2013年 08月 (2)
2013年 07月 (3)
2013年 05月 (1)
2013年 01月 (2)
2012年 12月 (2)
2012年 11月 (7)
2012年 10月 (6)
2012年 03月 (1)
2011年 12月 (5)
2011年 10月 (1)
2011年 09月 (2)
2011年 08月 (2)
2011年 06月 (2)
2011年 05月 (7)
2011年 04月 (9)
2011年 03月 (2)
2011年 02月 (1)
2011年 01月 (4)
2010年 12月 (3)
2010年 11月 (6)
2010年 10月 (6)
2010年 09月 (6)
2010年 08月 (1)
2010年 07月 (9)
2010年 06月 (20)
2010年 05月 (4)
2010年 04月 (3)
2010年 03月 (27)
2010年 02月 (20)
2010年 01月 (8)
2009年 12月 (19)
2009年 11月 (11)
2009年 10月 (25)
2009年 09月 (21)
2009年 08月 (23)
2009年 07月 (11)
2009年 06月 (16)
2009年 05月 (25)

ブログ内検索

QR・RSS・ブロとも